2024年から始まる、新NISA制度とは

いつも当事務所のブログをご覧頂き、ありがとうございます。
名古屋と札幌で活動している、ファイナンシャルプランナーのおさかべです。

私の自己紹介になります。

https://note.com/masaya_osakabe/n/n4bbef3c72c14

今回は、2024年から始まる新NISA制度についてです。
今朝の日経新聞の1面に、NISA投資2階建てを2024年以降に行えるようにするとの記事がありました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53069130W9A201C1MM8000/

今回の記事のポイントをまとめました。

①新NISA制度では、年間122万円の投資を5年間で合計610万円行うことができます。
 年間122万円の内、20万円は低リスクの安定投資(1階建て)が優先的に行われます。残りの102万円分でこれまで同様のリスクを取った投資(2階建て)を行うことができます。

②2024年以降は、現行のつみたてNISA制度と新NISA制度との選択制になります。
現行のつみたてNISA制度は、2037年から2042年末まで買い付けが5年間延長になりました。

③現行のジュニアNISA制度は、2023年末で終了になります。

図解するとこのような形になります。

ソース画像を表示

引用:今さら聞けないNISAの仕組みと「2024年問題」|トウシインフォ.com (toushiinfo.com)

現行のNISA制度からの移行方法について

2024年からの新NISAですが、2023年末に一般NISA口座を開設している場合、2024年に新NISAの口座が自動開設されます。
つまり、新たな申し込み手続きやマイナンバーなど、本人確認書類を出し直す必要はありません。

一般NISAから新NISAへの移管について(ロールオーバー)

一般NISAは、非課税期間5年を過ぎた場合、下記のどれかを選ぶことになっており新NISAにも引き継げます。

1.(何も手続きしないと)特定口座などの課税口座に移管

2. 売却する

3. 新たなNISA枠に移管(ロールオーバー)

※新NISAで対象外となる、レバレッジを効かせている投資信託、上場株式のうち整理銘柄・管理銘柄などは不可能

例えば、2019年に投資していた株式や投資信託は、2024年に期限を迎えますので、新NISA枠に移管するかどうかを考える必要があります。

今回の金融庁の意図としては、低リスク低コストの安定型の金融商品を入れることで、国民に投資への安心感を感じてもらい、さらなる金融投資の促進を促したいのだと思われます。
金融投資の基礎知識と経験がある方には、リスクを取った投資枠が102万円となってしまうため、物足りない改正と思われるかもしれません。

新NISA制度の投資対象の金融商品は、金融庁と証券業界が調整を進めていますが、現状よりも低コストで高いリターンが見込める投資信託などのファンドが採用されることが期待されます。

お問い合わせ | 名古屋と札幌での長期資産形成のご相談はコモンズFP事務所 (masaya.xyz)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

*投資は自己責任でお願い致します

当事務所は、ノーマスク入店OKのFP事務所になります。

投稿者プロフィール

個人を応援するFPおさかべ
個人を応援するFPおさかべ(代表)
名古屋市在住。個人を応援する30代の独立系FP。起業して丸4年。
このブログでは、個人レベルで知っておくと役立つ、経済関係の時事ネタや長期資産形成などについて、シンプルにかみ砕いてお伝えします。
私自身「あの年齢の時に」「起業する前に」こんな情報を知っていたら、もっと早く確実に成果が出せたと思うことが沢山ありました。