NISA制度のメリット・デメリットとは

いつも当事務所のブログをご覧頂き、ありがとうございます。
代表のファイナンシャルプランナー、おさかべです。

私の自己紹介になります。

https://note.com/masaya_osakabe/n/n4bbef3c72c14

今回は、NISA制度のメリット・デメリットについてまとめました。

NISA投資のメリット

NISA投資の最大のメリットは、NISA口座で購入した金融商品(株式や投資信託など)の配当金、譲渡益等に税金がかからない点にあります。
少額から投資が可能で、5年間、NISA口座で年間120万円の範囲内で購入した金融商品から得た利益(配当金、譲渡益等)に税金がかかりません。
非課税期間が終了した後は、保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバーする)ことができます。
なお、ロールオーバー可能額に上限はなく、時価が120万円を超過している場合も、そのすべてを翌年の非課税投資枠に移すことができます。

NISAのメリット

NISAのメリット

ポイントとなるのは、NISA投資の非課税期間は5年間である、ということです。
例えば、毎年120万円ずつNISA口座で投資を続けていくと、5年目には合計で600万円(120万円×5年)の投資をしたことになります。
この時、最初の年に投資した分については、5年目を迎えることになるので、非課税期間の最後の年にあたります。
つまり、毎年投資した分の非課税期間はそれぞれ5年経つと順に終了していくことから、NISA投資で非課税で同時に保有できる金融商品は、最大で600万円までとなります。

(2)NISA投資のデメリット

NISA投資を利用する上で、気を付けなければいけないことがあります。
下記に、それらのポイントをまとめました。

NISA口座は1人1口座しか開設できません
現在保有している株式や投資信託をNISA口座に移すことはできません
他の口座と損益通算ができません。また、損失を翌年以降に繰り越しすることができません

(注) NISAの非課税期間内に保有資産が値下がりし、その後、他の口座(一般口座や特定口座)に移します。値上がりしたケースでは、当初の購入価格と売却価格からみると損失が出ている状況にもかかわらず、課税対象となります。

NISA投資で取引できる金融商品

NISAで取引できる金融商品は、株式投資信託、国内・海外上場株式、国内・海外ETF、ETN(上場投資証券)、国内・海外REIT、新株予約権付社債(ワラント債)になります。
これらの商品をNISA口座で保有すれば、5年間は売却益、配当、普通分配金等にかかる税金が掛からない仕組みとなっています。

NISAで取引できる金融商品

(注) 実際に購入することのできる金融商品は、金融機関によって異なりますので、詳しくは口座を開設する金融機関にお問い合わせください。

金融庁のURLを参照させて頂きましたので、下記に載せておきます。
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/nisa/overview/index.html

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

*投資は自己責任でお願い致します

当事務所は、ノーマスク入店OKのFP事務所になります。

投稿者プロフィール

個人を応援するFPおさかべ
個人を応援するFPおさかべ(代表)
名古屋市在住。個人を応援する30代の独立系FP。起業して丸4年。
このブログでは、個人レベルで知っておくと役立つ、経済関係の時事ネタや長期資産形成などについて、シンプルにかみ砕いてお伝えします。
私自身「あの年齢の時に」「起業する前に」こんな情報を知っていたら、もっと早く確実に成果が出せたと思うことが沢山ありました。