銀行などの金融機関が不要になる「直接金融」とは

皆さん、当事務所のブログをご覧頂き、ありがとうございます。
代表のおさかべです。
3月25日のブログで「間接金融」についてお伝えしました。下記のリンクが該当する記事になります。

投稿を編集 “銀行などが行う「間接金融」とは” ‹ 名古屋と札幌に根ざす 新旧中間層のためのコモンズFP事務所 — WordPress (masaya.xyz)

今回は「直接金融」の話になります。特に、今から金融投資を始める方、金融投資を始めて日の浅い方に見て頂きたいものになります。「直接金融」は、銀行などの間接団体を挟まないので、シンプルになります。
個人→ 企業 銀行を介さず、個人が「直接」企業に資金を提供できます。

つまり、お金を必要とする企業に、直接お金を融通できるから「直接金融」となります。代表例でいえば、株式投資やクラウドファンディングなどがあります。しかし、日本だけで380万近い会社がある中、個人がどの企業に出資すればいいかは、正直わからないと思います。

「間接金融」の場合、個人から預かったお金を銀行が企業に融資するときは、厳しい審査を行います。それは、個人が企業に出資する場合、倒産されてしまっては意味がないからです。また、配当がもらえるかどうかもはっきりしないようでは、せっかくの出資金をドブに捨てることになってしまいます。

では、どうすれば良いのか?個人に変わって、企業の信用を審査してくれる機関があります。それが「証券取引所」になります。起業をされたことのある方は、よくご存じだと思いますが、創業したばかりの企業に信用はありません。しかし、何年も利益を出していてキャッシュも多い企業は、借りたお金をきちんと返済できるという点からも信用があります。

証券取引所は、厳しい審査を行い、審査基準を満たした企業に対して、取引所に「上場」することを認めます。一定の信用の高い企業(証券取引所の審査を通過した企業)に対して個人が出資をすることで、安全性を保証します。もちろん、上場したからといって絶対安全ということはありません。例えば、有名どころの企業が多い東京証券取引所では、プライム市場、スタンダード市場、グロース市場の3つに分類されます。

これでも、絶対安全というわけではないので、さらに有価証券報告書や会社四季報などで、企業の事業内容や財務状況を調べてください。個人の資金が直接企業に融通され、企業はその資金で事業を行い、価値(商品やサービス)を提供することで、国も経済発展していきます。

直接金融は、これからの日本経済を支える重要な役割を担っていくはずです。金融先進国のアメリカでは既に、銀行などの間接金融に変わる、個人による直接金融が経済を支え活性化させています。私も経済活動に携わる一員として、金融という言葉の意味はもちろん、その内容効果もきちんと把握することで、さらなる経済発展ができると信じています。

下記の記事も直接金融と間接金融の勉強になります。

直接金融とは?間接金融との違いやメリットについてわかりやすく解説 | THE OWNER (the-owner.jp)

以上になります。今回は、直接金融というのは銀行を介さず、個人が「直接」企業に資金を提供できると覚えてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

投稿者プロフィール

個人を応援するFPおさかべ
個人を応援するFPおさかべ(代表)
名古屋在住。個人を応援する30代の独立系FP。起業して4年目。
このブログでは、個人レベルで知っておくと役立つ、経済関係の時事ネタや長期資産形成などについて、シンプルにかみ砕いてお伝えします。
私の理想は、一人でも多くの方に自己実現をしてもらうことです。ここでの情報やアドバイスは、そのキッカケ作りに過ぎません。
私自身も「あの年齢の時に」「起業する前に」こんな情報を知っていたら、もっと早く成果が出せたと思うことが沢山ありました。
そのような観点からも情報発信をしていきますので、よろしくお願い致します。