事務所ブログ:S&P500の将来性について

先週から、アメリカの金融市場が騒がしいですね。

やれ、銀行株の下落だのリーマンショックの再来だの銀行の取り付け騒ぎだの、話題が目白押し。

いつも事務所ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
名古屋と札幌で活動している、
独立系ファイナンシャルプランナーのおさかべです。

私の自己紹介になります。

https://note.com/masaya_osakabe/n/n4bbef3c72c14

今回は『S&P500の将来性について』お話します。

米シリコンバレー銀行が経営破綻、リーマン以降で最大…利上げで貸出先の資金繰り悪化 : 読売新聞 (yomiuri.co.jp)

そんな中、S&P500の将来性について語っていきたいと思います。

目次

結論:S&P500に投資しても、今後は儲からない時代が来るかも

始めに断っておきますが、
アメリカ経済の将来性を否定するワケではありません。

なぜなら、アメリカでは、現在も人口は増え続けており、
ITを中心に圧倒的な競争力を持っているからです。

しかし、著名な投資家である、ジム・ロジャーズ氏もこう言ってます。

ジム・ロジャーズ「S&P500への投資は損になる」 | 投資 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース (toyokeizai.net)

アメリカでは、株式と現物の時代が交互に来ています。
これまでの20年は株式の時代。

これからのサイクルを考えると、今後は現物がくる可能性があります。

なので今後20年間は、
株式によるこれまでのような平均10%の高利回りは、正直厳しいと思います。

今のアメリカ経済は、課題山積です。
先ほどのシリコンバレー銀行の件もそう。

イエレン財務長官のこのような発言も。

米財務長官、議会で債務上限引き上げ呼びかけ 「金融崩壊」警告 (msn.com)

暗号通貨市場やテック産業も揺れています。

BlockFi、シリコンバレー銀行で多額の預金か=報道 (coinpost.jp)

今日一番お伝えしたいことは、
S&P500一択で資産運用は大丈夫という安易な選択肢は、捨ててくださいということです。

S&P500がダメならどうすれば良いんだ!投資を辞めなければいけないのか!
という方は、ご安心ください。

投資を辞める必要はありません。
むしろ、何らかの形で投資は続けた方が良いです。

その具体策を聞きたい方は、当事務所へご相談ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

当事務所は、マスクフリーです(一切の強制はございません)。

個別相談・セミナー・取材等の依頼は、こちらからお願い致します

投稿者プロフィール

個人を応援する独立系FPおさかべ
個人を応援する独立系FPおさかべ(代表)
名古屋市在住。個人を応援する30代の独立系FP。起業して5年目。
これまで1,000名以上のFP相談を受注。私自身「あの年齢の時に」「起業する前に」こんな情報を知っていたら、もっと早く確実に成果が出せたと思うことが沢山ありました。このブログでは、個人レベルで知っておくと役立つ、経済関係の時事ネタや家計・資産形成などについて、シンプルにかみ砕いてお伝えします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

名古屋市在住。個人を応援する30代の独立系FP。起業して5年目。
これまで1,000名以上のFP相談を受注。私自身「あの年齢の時に」「起業する前に」こんな情報を知っていたら、もっと早く確実に成果が出せたと思うことが沢山ありました。このブログでは、個人レベルで知っておくと役立つ、経済関係の時事ネタや家計・資産形成などについて、シンプルにかみ砕いてお伝えします。

目次