今の日本人にどうして投資が必要なのか②

いつも当事務所のブログご覧頂き、ありがとうございます。
名古屋と札幌で活動している、ファイナンシャルプランナーのおさかべです。
9回目のブログ投稿になります。

私の自己紹介になります。

https://note.com/masaya_osakabe/n/n4bbef3c72c14

前回から、なぜ今、投資が必要なのかというテーマを取り上げさせて頂いております。
今回は、日本人が欧米人とは異なり、投資に後ろ向きにな理由について述べていきます。

幻冬舎さんの以下のURLも参照させて頂きました。
https://gentosha-go.com/articles/-/21903

日本では家計に占める「現預金」の割合が50%超え

日本人の金融リテラシーの低さを物語る分かりやすい例として、日本銀行によってまとめられた「資金循環の日米欧比較(2018年8月14日)」より抜粋した下記の表を見てください。

[図表]家計の金融資産構成 出典:日本銀行調査統計局「資金循環の日米欧比較(2018年)」を基に作成 ※「その他」は金融資産合計から、「現金・預金」「債務証券」「投資信託」「株式等」「保険・年金・定型保証」を控除した残差。

出典:日本銀行調査統計局「資金循環の日米欧比較(2018年)」を基に作成

日本・・・52.5%
アメリカ・・・13.1%
ユーロエリア・・・33.0%

これは日本、アメリカ、ユーロ圏の家計に占める現金・預金の割合を示したものです。
ご覧の通り、50%を超えているのは日本だけです。
続いて、次の数字に注目してみてください。

日本・・・16.2%
アメリカ・・・53.9%
ユーロエリア・・・31.3%

これは債務証券、投資信託、株式等といった「投資商品」の割合を示したものです。
日本は、家計に占める投資商品の割合が圧倒的に低いことが分かります。
ヨーロッパと比べても2倍弱、アメリカと比較すると3倍以上も差があるのです。

「超低利回り」の金融商品を買わされている日本人

また、日本人の投資リテラシーの低さを示すもう一つの例として、欧米ではありえないような利率の低い運用商品が、日本では盛んに買われている現実があります。
日本人が大好きな学資保険も金融商品の代表例ですが、18年後にわずか数%程度のリターンしかない、中にはマイナスで戻ってくるものさえあります。

先に述べた銀行の定期預金の利率より、ほんのわずかばかり利率が高いだけで、どちらにせよスズメの涙程度の利息しか手に入らないことには変わりありません。
ちなみに、アメリカでは国債の利回りは、2.5~3%程度で推移しています。日本の国債と比較すると50~60倍です。

このように国際的なレベルで見れば、到底割に合わない商品を何の疑問もなく購入し、「資産運用をしている」と思い込んでいるのが日本人の投資レベルです。
いわゆる、皆と同じものをやっていると安心する、横並び体質の国民性の結果ですね。

日本では学校でも家でもお金の教育が行われていない

では、一体なぜ、これほどまでに日本人は投資リテラシーが低いのでしょうか。資産運用に対する知識・理解・関心がかくも乏しいのはどうしてなのでしょうか。
その最も大きな理由として挙げられるのは、「日本の学校教育ではお金の教育が一切行われていない」ことでしょう。私たちは学校教育で、お金についてきちんと教わることはありません。

例えば、「投資とはどのような行為なのか」「株式とは何か」「利回りとは何か」などといった、資産運用や金融の基本について教わる機会がないのです。
そもそも、教える側の教師ですら、そのような教育を体系的に受けていないのが現状です。
また、家庭でもお金の教育は行われません。
高度経済成長期以降、とにかく働いて給料を稼ぎ、預貯金に励み、ローンを組んでマイホームを建て・・・このような価値観が当たり前の時代を生きてきた我々の両親や祖父母の世代は、お金の知識を持っていません。
そのため家庭でも、投資や金融に関する教育を子どもが受けることはないのです。

こうしてほとんどの日本人は、学校でも家でもお金について教わる機会がないまま、社会人になっていきます。
何かのきっかけで「もっと投資について知りたい」と思い、自分から能動的に学ばない限り、正しく適切な金融リテラシーは、一生身に付かないままなのです。

欧米では親が子どもにお金を渡して投資を勧めている

それに対して、欧米など海外では、小学校でもお金に関する授業が行われています。
前項で触れたような投資、株式、利回りといった資産運用や金融に関する最低限の知識を、早い段階から学んでいるのです。
また、親が子どもにお金を渡し、実際に投資を実践させていることも珍しくありません。

続きは、こちらになります。

今の日本人にどうして投資が必要なのか③ | 名古屋と札幌での長期資産形成のご相談はコモンズFP事務所 (masaya.xyz)

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

*投資は自己責任でお願い致します

当事務所は、ノーマスク入店OKのFP事務所になります。

個別相談・セミナー・取材等の依頼は、こちらからお願いします

投稿者プロフィール

個人を応援するFPおさかべ
個人を応援するFPおさかべ(代表)
名古屋市在住。個人を応援する30代の独立系FP。起業して丸4年。
このブログでは、個人レベルで知っておくと役立つ、経済関係の時事ネタや長期資産形成などについて、シンプルにかみ砕いてお伝えします。
私自身「あの年齢の時に」「起業する前に」こんな情報を知っていたら、もっと早く確実に成果が出せたと思うことが沢山ありました。