事務所ブログ:『ファイナンシャル・セラピー』って言葉、ご存知ですか?

皆さんは、
「ファイナンシャルセラピー」という言葉をご存知でしょうか。

言葉の響きとして、心理学的な響きもありますよね。

これは、アメリカ発の金融療法と呼ばれるものになります。

いつも事務所ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
名古屋と札幌で活動している、
独立系ファイナンシャルプランナーのおさかべです。

私の自己紹介になります。

https://note.com/masaya_osakabe/n/n4bbef3c72c14

今回は「『ファイナンシャル・セラピー』って言葉、ご存知ですか?」についてお話します。

端的に言えば、お金の知識に心理学を取り入れ、
お金の苦手意識や思い込みを解決するサービスのことです。

ファイナンシャルセラピーとは? 金融トラウマの克服に役立つ、セラピーの新しい分野 | Business Insider Japan

目次

ファイナンシャルセラピーとは

例えば、こんなことってないですか。

「今月はボーナス月だから、自分へのご褒美でお金を使っちゃおう」とか、
「ストレスが溜まっているから、今日は浴びるほど飲みたい」など。

かくいう私も、20代の時はそういった衝動によく襲われました(笑)

金遣いとメンタルは、密接に関連しています。

このような感情に対して、ファイナンシャルセラピーを通し、
相談者が自分の問題行動に向き合い、行動修正へとつなげるのです。

資産形成にしても、貯蓄にしても、
毎月の給料の中で「やりくり」をしていくためには、
何かしらの心理的なストレスが伴います。

その為の知識を学ぶことは大切ですが、
自分の心理面での成長も重要になってきます。

最初は、お金に対する認識を改めることが大切です。

①なぜ資産形成が必要なのか

②なぜこの銘柄が良いのか

③自分にどんなリスクがあるのか

こうした意思決定における極めて重要なプロセスが、
感情が不安定になっていたり、
お金の知識が無かったりすると欠けてしまうケースが、ほとんどです。

感情と金遣いは複雑に絡み合っていることを認識しつつ、
自分の目的に合った資産形成を行うことが大切です。

友達やSNSでの情報に飛びつき、
何となく目的を決めずに投資などを始めてしまう方は、
重大な落とし穴を見落としている可能性が大です。

だからこそ、正確な金融知識だけでなく、
自分と向き合うことも、
今後の人生のベクトルを変えるキッカケとなり得るのです。

かくいう私自身も、27歳の時にマインドチェンジをしました。

今後の日本では、より一層必要になるサービスですね。

米国で注目の金融療法「ファイナンシャル・セラピー」とは? | ZUU online

ファイナンシャル・セラピーについて興味のある方は、
当事務所へお問い合わせください。

これからの皆さんの投資やお金に関する知恵として、
お役に立てれば嬉しいです。

当事務所でも、お金に関する知識や具体的な方法などについて、
セミナーや個別相談でお伝えしています。

その知識と方法を学びたい方は、当事務所へご相談ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

個別相談・セミナー・取材等の依頼は、こちらからお願い致します

投稿者プロフィール

個人を応援する独立系FPおさかべ
個人を応援する独立系FPおさかべ(代表)
名古屋市在住。個人を応援する30代の独立系FP。起業して5年目。
これまで1,000名以上のFP相談を受注。私自身「あの年齢の時に」「起業する前に」こんな情報を知っていたら、もっと早く確実に成果が出せたと思うことが沢山ありました。このブログでは、個人レベルで知っておくと役立つ、経済関係の時事ネタや家計・資産形成などについて、シンプルにかみ砕いてお伝えします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

名古屋市在住。個人を応援する30代の独立系FP。起業して5年目。
これまで1,000名以上のFP相談を受注。私自身「あの年齢の時に」「起業する前に」こんな情報を知っていたら、もっと早く確実に成果が出せたと思うことが沢山ありました。このブログでは、個人レベルで知っておくと役立つ、経済関係の時事ネタや家計・資産形成などについて、シンプルにかみ砕いてお伝えします。

目次